銀行カードローンが返済不能になった時の対処のしかた

銀行カードローンは、無担保、保証人なしでお金が借りられますが、銀行側は借金の返済の保証を保証会社という取り立てを専門にするところへ依頼します。そのため、カードローンの返済が滞りますと、この保証会社の方から返済を求められます。また、この時、借金の残高に対して、損害賠償金というような高金利の一種の罰金のようなものがかかってきます。
カードローンの返済が不能になった時には、どこかのカードローンに一本化することを考えてみます。それでもダメな時には、借りている銀行に相談してみることです。これで解決しない時には、基本的に、特定調停や任意整理、個人再生、自己破産などの手続きをすることになります。
特定調停は、簡易裁判所を使って銀行側と債務の減額などの交渉をすることです。これは、弁護士等をたてなくてもよく、自分で申請できます。任意整理は、弁護士等に依頼して銀行側と債務の減額等の交渉をしてもらうことをいいます。個人再生は、返済計画をたてて、それを裁判所に認めてもらうと債務の減額ができる方法です。自己破産は最後の手段です。これは、自分の財産を失う代わりに全ての債務が免除されるというものです。
なお、カードローンの借金の時効は5年間です。中には、夜逃げのような行為で借金を踏み倒す人もいるようですが、これをしますと、信用情報機関に記録が残ります。それで、再度カードローンなどで借金したくても、審査のときにわかってしまいますので、借りられなくなります。